お知らせ

2012年07月20日

第16回「釈迦寺こころの会」を開催しました

日時:平成24年7月11日(水)
場所:萬徳院釈迦寺 稲毛

第一席は「仏像の心と形Ⅱ 菩薩~いずれも仏ならざるはなし~」と題し、平野将祐師によるお話でした。観音菩薩さまのお像を前に、単なる美術としてではなく、信仰の対象としての菩薩さまについて詳しくお話いただきました。

続いて時節がら「お盆」の事を中心に質疑応答の時間を設けました。お盆は民俗行事でもあります。ゆえに地域により時代により複雑で多様な姿をとります。事例を挙げつつ解説がなされました。

最後に恒例の『仏教聖典』(仏教伝道協会)を皆で読誦。今月は「おしえ」の「第三章 さとりの種」でした。声を出して読み上げることは、心にも体にもとても心地よいものがあります。ぜひ多くの方々に体験していただきたいものです。

来月の特集は「仏教・紙芝居」です。楽しく分かりやすく、仏さまの教えを学びます。

第16回釈迦寺こころの会1第16回釈迦寺こころの会2第16回釈迦寺こころの会3

直前のページへ戻る

このページの先頭へ