お知らせ

2012年07月31日

お盆のおはなし

毎年お盆の時期になりますと、ご先祖様の霊を供養するため、大勢の方が、遠くからも故郷のお墓やお寺にお参りにいらっしゃいます。

お盆とは、昔から日本人になじみのある夏の風物詩ですね。

お盆とは、正式には「盂蘭盆(うらぼん)」と言います。もともとは、古いインドの言葉で「ウランバナ」という言葉が漢字に音写されたもので、意味は、「さかさまに吊るされるほど激しい苦しみ」という意味です。つまり、これほどまでの苦しみを取り除くための法要が、お盆の行事なのです。

「盂蘭盆経」というお経によりますと、お釈迦様のお弟子である目連様が、ある日、亡くなった自分のお母様がどうしているのか知りたくて、神通力でながめてみました。すると、お母様は餓鬼の苦しみを受けているではありませんか。食べ物や水があっという間に燃えて、何も口に入らないのです。生前はとてもやさしい人だったお母様が、なぜ餓鬼の苦しみを受けているのか、どうすれば救うことができるのか、目連様は、お釈迦様のところへとんで行きました。

すると、お釈迦様はこうおっしゃいました。

「目連よ、おまえのお母様は決して悪い人ではなかった。しかし、おまえにだけやさしく、平等ではなかったのだよ。その自分勝手な行いのため、餓鬼の苦しみを受けているのだよ。お母様を救いたいならば、お坊さんたちの修行の終わる七月十五日に、たくさんのお坊さんたちに、平等に食事などをさしあげて、供養することだ。」とおっしゃいました。

その通りに目連様がすると、お母様は、餓鬼の苦しみから救われたということです。

さらにお釈迦様は、

「毎年七月十五日に、ていねいに供養すれば、多くのご先祖様が喜び、今生きている人も幸福を得ることができるだろう。」とお説きになられたのです。

これがお盆のはじまりです。お盆の行事は、主に、月遅れ(旧盆)にて八月に行われます。場所場所によって少しずつ習慣が違いますが、ご先祖様の霊をお迎えし、供養さし上げることには変わりありません。

また、お盆の時にたくさんのお坊さんが行う「施餓鬼法要」とは、餓鬼の苦しみを受ける多くの霊を供養し、その功徳をご先祖様に廻向する為に行うものです。決してご先祖様が餓鬼に生まれているという訳ではありません。

自分にいのちを授けてくださったご先祖様に感謝し、いのちのありがたさを見つめる行事がお盆です。そして、お釈迦様がおっしゃった「平等」という言葉をかみしめて下さればと思います。

合掌

直前のページへ戻る

このページの先頭へ