お知らせ

2012年11月20日

第一回「坐禅・法話会」を開催しました(釈迦寺 船橋中央)

日時:平成24年10月30日(火)
場所:萬徳院釈迦寺 船橋中央

小室・稲毛ではお馴染みの坐禅会ですが、今月より船橋中央でも「坐禅・法話会」を始めさせていただく運びとなりました。今回は第一回目の開催で、僧侶もやや緊張の面持ちでお客様をお出迎え致しました。

まず、8時20分より朝の読経で始まり、般若心経など僧侶と共に、心静かに手を合わせて頂きました。

8時半よりは、川井亮證先生による椅子に座ったままの簡単な瞑想指導があり、短い間でしたが、各自静かな時を過ごして頂きました。回を重ねて慣れてきましたら、本格的な座禅に移行していく予定です。

9時よりは法話会です。第一席は射場良秀先生による「慈悲観音」についてです。当寺に建立された大きな観音様を時折眺めながら、観音様の深くて広い御慈悲について話されました。

第二席は、高田良海先生による「菩薩として生きる」です。仏様には大きく分けると「如来・菩薩・明王・天」の4種類があり、私たちは菩薩・観音様として生きる道があるとのご指摘をされました。

終わった後のアンケートには、次回も来てみたいとの有り難いお言葉もあり、会の準備にあたった僧侶、寺務員一同、感謝の心で一杯になりました。ご指摘頂きました至らない点につきましては、真摯に反省し、次回につなげていきたいと存じますので、来月の第二回の「坐禅・法話会」も沢山の御来寺をお待ち申し上げております。

次回予定: 平成24年11月30日(金)釈迦寺 船橋中央 大本堂にて

直前のページへ戻る

このページの先頭へ