お知らせ

2012年11月24日

世界遺産「中尊寺・毛越寺」参拝の旅に行ってまいりました

日時:平成24年10月31日(水)~11月1日(木)

今回は、みちのく岩手までの一泊二日の旅となりました。参加者の方々も東北平泉は初めての方が多く、早く着くことを心待ちにしながらのバスの旅路でした。

お昼は白石インターで降りて、宮城県白石市名物の温麺(うーめん)を堪能しました。懐石のように色とりどりの小皿に並んだお食事は、これからの旅を期待させ、初めて会う参加者同士もお互い打ち解け合う場となりました。

運転手さんの頑張りもあって、予定より30分早い午後2時半に、昨年世界遺産登録された中尊寺に到着。現地ガイドさんの案内で散策しました。最初は宝物館でもある讃衡蔵(さんこうぞう)を見学。国宝・重要文化財だけで二十六件、計三千点余りの所蔵を誇る日本でも有数の宝物館です。藤原家三代で築いた数々の宝を拝見しながら、当時の栄華に思いを馳せました。讃衡蔵には、阿弥陀如来、薬師如来の六丈仏を始め、上部で手を組み化仏を戴いている珍しい千手観音菩薩立像や、「紺紙金銀字交書一切経」(紺色の紙に、金と銀の墨を1行おきに使い分けて写経する、大変な労力と国費をかけた5300巻からなる荘厳な経典)と、その経蔵を守ってきた騎師文殊菩薩像など、数々の貴重な仏様を拝むことができました。

ここからは金色堂拝観組と、12年ぶりの御開帳であります秘仏、一字金輪仏頂尊坐像の拝観組とに分かれました。本来なら両方参詣したいところでしたが、時間の都合でどちらかを選ぶ形となりました。僧侶も二手に分かれ拝観しましたが、それぞれ甲乙付けがたく、藤原家の仏教への篤信に、驚きと感慨を覚えました。最後は御本堂にお参りして、宿泊地の花巻温泉に向かいました。

ホテル志戸平では、旅の疲れを癒すべく、宴会場にて料理をつまみながら歓談と親睦をはかりました。

翌朝は厳美渓(げんびけい)で紅葉艶やかな渓谷でお茶とお団子を楽しみ、次に訪れた達谷窟(たっこくのいわや)では、岩を削って作ったお堂の中で、毘沙門天様に旅の無事を願いました。建物は今年、色を塗りなおしたばかりで、とても綺麗でした。旅の締めくくりは、藤原家が地上に極楽浄土を再現した、毛越寺(もうつうじ)の庭園を散策しました。当寺の荘厳なお堂は失われましたが、平安時代の優美な山水を偲ばせる一時となりました。

中尊寺の入り口近くのお店で昼食を取った後、お土産と思い出をいっぱい詰め込んでの帰路となりました。参加して頂いた皆様に、次回も楽しみにしていますと口々に声をかけて頂き、至らないながらも同行させていただいた僧侶一同も安堵致しました。

次回のバスツアーも、沢山のご参加をお待ち申し上げております。

直前のページへ戻る

このページの先頭へ